ムダ毛処理は自分流

ムダ毛の処理について

 

ムダ毛の処理って誰かに教えてもらったりしましたか?
私は、いまだかつて誰かに教えてもらったこともありませんし、ムダ毛の話しになってこともありません。
やはり恥ずかしいデリケートなことだからでしょうか。
ランチの最中の話題に「私のムダ毛がさぁ」とかは、なりませんよね。
オシャレじゃないですし、隠しておきたいですものね。

 

でも、我が子には伝えるべきじゃないかなって最近思うのです。
間違ったケアをして、肌を傷つける前に。
せっかくキレイでスベスベのお肌を持っているんですから。

 

ちゃんと、こんな風にケアするんだよ、とか。
カミソリを使うときは、ボディソープの泡じゃダメなんだよ、とか。
クールダウンをちゃんとしてね、とか。

 

保湿は大事なんだよっていうことを、ちゃんと教えていかないといけないですよね。
まだ小さいので、教えるのは先のことですけど、小学校の高学年になる頃には、少しずつ教えていこうかなって思っています。

 

それまでに私がちゃんとしたやり方で、ケアしよう・・・。

ムダ毛の自己処理は本当に大変

私は本当に毛深く剛毛で、ムダ毛の処理はもう何年も悩みのタネです。

 

中学・高校生の時には主に毛抜きやカミソリで処理していました。
ワキは必死に光脱毛 永久で抜き、足や腕はお風呂にあった男性用カミソリで剃っていました。
ワキに関しては、本数も多かったので首が痛くなるほど時間を掛けて抜いても全部は抜ききれず、本当にストレスでした。
しかも抜いたところが炎症を起こしていたようで、腫れものが出来たり、埋没毛もひどくて、自己処理の後はどんどん酷くなっていきました。

 

その後、CMなどを見て、当時流行っていた家庭用脱毛器も試してみましたが、
まったく綺麗に抜けず、しかもとても痛くて、ワキなんかは血が出たりもしたので長く続けられませんでした。
除毛剤なども使いましたがツルツルにはならないし、翌日にはすぐに生えてきてしまうので、効果が感じられませんでした。

 

ブラジリアンワックス 脇などいろいろと試してみた結果、今は女性用カミソリでの処理に落ち着いています。
ツルツルにはならないし、肌を傷つけているのが気になりますが、処理にかかる時間が一番短いのが便利です。

 

今年こそは、脱毛サロンへ行ってみようか迷い中です。

やり方カミソリでの処理

カミソリで処理している人は多いのではないでしょうか。
どのムダ毛処理のグッズよりも、手軽ですよね。
思ったらすぐに額脱毛できるのがいいところです。

 

そんなカミソリでのケアをみなさんは、どのようにしていますか。
カミソリで処理する前に、毛穴を開いておくほうがいいそうですよ。
そのほうが、毛穴を傷つけにくいそうです。
なんだか意外ですね。

 

毛穴を開くにはどのようなことをしたらいいんでしょうか。
毛穴は温めると開いてくれます。
蒸しタオルなどを使って温めるのもいいですが、お風呂に入って身体を温めると、自然と毛穴も開いてくれますね。
お風呂でケアすれば、ムダ毛も散らかりませんからいいかもしれません。専用のクリームで処理をしても、そのあとはすぐに洗い流せますしね。

 

ケアが終わったあとは、もちろん毛穴を閉じてあげる必要がありますね。毛穴を閉じるときは、今度は冷やしてあげましょう。
保冷剤などを使うと便利ですよ!で行ったあとは、ローションなどで保湿してあげることを忘れずに。

プロのようなムダ毛処理ができたら

エステサロンやクリニックに通わずに自宅でムダ毛のケアができたらいいですよね。
今ではとても低価格になってきているエステサロンでの脱毛ですが、予約を取ったり予約時間に合わせて行く必要があったり、時間が拘束されてしまいます。
しかし、自己処理でツルツルの肌を保つことはなかなか難しく、どうしてもプロの手にお願いする必要があります。

 

そこで、もし自宅でミュゼ カウンセリング 予約で行うようなムダ毛処理がでたらって思いませんか。

 

みなさんは家庭用脱毛器というのをご存知ですよね。
家庭用脱毛器というと、自宅で簡単にできるムダ毛処理グッズとして使用している人もいるのではありませんか。
簡単にできる反面、効果がなかったので今では使用していないという人も少なくないのではと思います。

 

ところが今の家庭用脱毛器はエステにも劣らないほど高性能なものもあります。
フラッシュ脱毛、レーザー脱毛とエステで行う方法と変わらない方法で毛 腕 脱毛することができます。
デメリットな点といえば、カートリッジ交換に少々お金がかかるといったところですね。

これからはエステ脱毛の時代になりそう

春先って急に暑くなり、半袖になることも多い季節ですね。
そんな時に気になるのが、腕やワキのムダ毛ですよね。
夏になれば、水着を着る機会も多くなるので、Vラインや脚のムダ毛もきちんと処理しておく必要がでてきます。

 

でも、自分で手の届くところのムダ毛はいいですが、背中やうなじのムダ毛って自分で処理するのはちょっとでないと難しいですよね。
Vラインなどのデリケートゾーンも、自分で処理できますが、できれば脱毛のプロにお願いするのがいいですね。
エステで全身脱毛を契約すれば、ワキもデリケートな部分も、そして手の届かない背中やうなじまできれいに処理してもらえます。

 

エステ脱毛ってお高いってイメージがありませんか。
今のエステサロンは、のようにとてもリーズナブルになっていて、一昔前の高い料金を請求されるということもありません。
頻繁にキャンペーンを行っていることもあり、キャンペーンを利用すればとてもお得に施術を受けることができます。

 

これからのムダ毛の処理は自己処理ではなく、エステサロンへお任せする時代になってくるでしょう。
迷っていないで、一歩踏み出してみませんか。

ムダ毛を脱色する

ムダ毛を気にならなくする方法に、ムダ毛を脱色するという方法があります。外国人の人で髪の色が金髪の方は、ムダ毛も金色をしています。そうした人はムダ毛が濃くても、ムダ毛が金色で目立たないため、ムダ毛が濃くてもあまりど気になりません。肌の色に対して、ムダ毛の色が濃いと、ムダ毛が目立ってしまいます。ですからムダ毛をミュゼ WEB 予約で脱色すれば、ムダ毛が気にならなくなり、ムダ毛が濃くても目立たなくなるはずです。

 

よくムダ毛を脱色すると、前よりムダ毛が伸びてしまうという話があります。ですがムダ毛を脱色したからといって、前よりムダ毛が生えやすくなるということは実際にはありません。ただ、肌が弱い人だと、ムダ毛を脱色するのに薬品を使うと、肌が真っ赤になってしまったり、肌がただれたりしてしまう可能性があります。そのため、ムダ毛の脱色をする場合、いきなり脱色するのではなく、パッチテストをしてから、ムダ毛の脱色をするようにした方がいいでしょう。

 

ただムダ毛を脱色して、ムダ毛を目立たなくしても、お尻 脱毛した後から生えてくるムダ毛は元の黒々とした毛です。髪の毛のようなスピードでは、ムダ毛は生えてはこないでしょうが、ムダ毛の黒い部分が目立つようになる度にムダ毛を脱色しなければいけなくなってしまいます。そうしたことを考えたら、ムダ毛を脱色して目立たなくするより、カミソリでムダ毛の処理をした方が手間もかかりませんし、簡単にムダ毛を目立たなくすることができるでしょう。